スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの匿名性とかその辺 

どっかのテレビで放送された勝間和代とひろゆきの対談が盛り上がってるらしい。youtubeで見た。と思ったら消されてるみたいだ。
勝間和代と西村博之が大激論!

ディベートにもディスカッションにもなってなかったとか色々酷かったのはおいといて、ネット上の匿名性云々の話も考えると楽しい。

mixi内定者コミュニティについて思うこと。

mixiがいつの間にかオープンなSNSになっていたらしい。収穫逓増というか、もう何やってもユーザは離れないから大丈夫っしょ!みたいなアレなのか。ブームがある程度落ち着いてからも若者の大多数がmixiを使用し続けていた時点で、既にオープンなサイトのようなものだったが、「新規入会には招待が必要」という建前まで取っ払ってしまったのは、サイトの本質にも関わる変革だと思うんだが、実質が変わらないこともあってか、そこまで告知もなかったような?

そんな中、mixi内で「○○ 2011年内定者」といったコミュニティが沢山ある。所謂大企業で新卒採用を行っている会社であれば、内定者コミュがない会社はないのではないか。そんな状況。で、就活が終わって入社予定企業が定まった学生は、(大抵は非公開設定なので)その会社のコミュニティに参加申請をする。で、その中で入社までの間(そして入社後も?)新たな仲間達と親睦を深める。

それ自体は良い。なんだかんだでmixiってのは人と交流するには便利な場所で、しかもフリーで使えるんだから、目一杯活用すれば良い。良いんだけど、ほとんどの人はそのために複アカ作ったりはしないと思うので、そして“普通に”mixiを活用してる人は出身や趣味を示すコミュにも入っているので、そして自分が入ってるコミュは非表示にできないので、「××高校・○○大学出身のやつが△△という企業にいる」という、データベースになってしまっている。そして建前上ですらサイトの閉鎖性が失われてしまったので、このデータベースは一般に公開されているも同然である。


…やっぱり書いてるうちにめんどくさくなってくるなぁ。。


で、このデータはまぁ、欲しい人にとってはそれなりに有益な情報であるわけで、会社によってはリクナビでは採用実績校が曖昧にしか書いてない企業でもmixiで頑張って調べれば大体傾向は分かる、という状況になっている気がする。それが企業にとってどれだけ困るのか(困らないのか)はよくわからないけれど。

で、データが公開されてるのがなんとなく嫌だなーというだけなら良いのだけれど。それこそ、何かの流出騒動なんかがあったときには真っ先にmixiが調べられるわけで。無敵の人たちが持て余すパワーは強大なので、ちょっとでも取っ掛かりがあれば、すぐに身元が割れる。その時には流石に、個人の被害は当たり前として、何らかの風評被害めいたものが会社にも出る。その辺の危機管理意識が希薄な人が多すぎるのが問題なわけで。

実際、大手IT企業の内定者にもそんな脇が甘い輩はいるもので、流石に本名を晒してはいなくても、出身地・大学名・内定者コミュは標準装備で、同じアカウントで無修正AVとかcabosのコミュに入ってる人がいた。流石にちょっとどうなんだそれは。高学歴だろうが何だろうが、リスキーな奴はリスキーなんだなー。その辺わかってないのにファイル共有とか使うなよ、と。自分が問題起こして沈むのは勝手だけど、周りにメーワクやんけ、と。

企業の採用担当者は、捨てアカ作って採用予定者のmixiでの言動をチェックした方が良いのではないでしょうか。

内定者諸氏には、ある程度参加者が全員入ったら、コミュの名前と説明文を会社とは全然関係ない内容にしたりすれば良いと思うよ。そうすればリスクは最小限じゃね?自分の内定先を他人に誇示したい人は知らんけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/11-6d8bf6d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。