スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙を孕む風 


宇宙を孕む風宇宙を孕む風
(2008/11/21)
片山恭一

商品詳細を見る


まず非常に個人的なことだが、主人公が教員採用試験に落ちたばかりの大学四年生でしかも数学科ってのに親近感が湧いたw

珍しく?明るい終わり方だったのも印象的。
この本で何が描かれたのかを言葉で表現するのは難しいけど、この人が小説で描こうとする何かが、やっぱり好き。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/111-53051e59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。