スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”文学少女”と飢え渇く幽霊 


”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)
(2006/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る


物語に含まれる愛と憎の純度はなかなかのものだと思うんだけど、題材となっている『嵐が丘』を知らない時点で、本格的にのめり込めなかった気がする。
死んだ人間が生きているように錯覚させたり、過去の人間関係が現在のそれに繋がってたり、中心となった女の子が腹の中に抱えている物だったり、構成が前作と仄かに似ていたような。
とは言っても、まぁ、こんな救いのない話は割りと好き。

あと、ツンデレの権化のようなサブキャラが出てくるんだけど、後々物語に絡んでくるんだよね?と期待しながら次巻へ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/135-8e6f65a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。