スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“文学少女”と穢名の天使 


“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
(2007/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


はい、ツンデレ・オブ・ツンデレの出番です。
4作目の主菜は『オペラ座の怪人』。
芸術家の狂気と絶望。毎度のことながら人物相関が解り辛い。
面白いから許すけど。面白いっつーか美味しそうだけど。
道化や幽霊や愚者や天使の懊悩に、主人公のそれをオーバーラップさせる辺りの描写は巧いと思う。
え、次でもう心葉編に入るの?w
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/145-279d5761

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。