スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の現場 


本の現場―本はどう生まれ、だれに読まれているか本の現場―本はどう生まれ、だれに読まれているか
(2009/07/14)
永江 朗

商品詳細を見る


出版社・編集者・取次・書店・編集プロダクション・フリーライター・読者・学校。それぞれの視点から、昨今の出版業界のことを検証してる。統計データに対するクリティカルシンキング(というかクリティカルウォッチング?)が丁寧。かなり、面白かった。やっぱり紙媒体に対する感傷(というかフェティシズム)はある訳で。あと、ap bank(kurkku library)の話が出てきてびっくりした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/162-4b5bb4fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。