スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルコンテンツをめぐる現状報告 


デジタルコンテンツをめぐる現状報告―出版コンテンツ研究会報告2009デジタルコンテンツをめぐる現状報告―出版コンテンツ研究会報告2009
(2009/07/14)
出版コンテンツ研究会岩本 敏

商品詳細を見る



ブックフェアで出会って衝動買いした本だけど、買って良かった。面白すぎる。この手の本を読んでいてこんなにwktkしたのは初めて。思わず付箋を貼りまくった。

主に出版業界からの視点で、いろんな人にインタビューしてる対談集?なんだが、経産省のおっちゃん(国の政策スコープにコミケを組み込んだ犯人)の話が特に興味深かった。官庁にもこんな人がいるんだな、という。
「コンテンツとは『体感させる』ことを確約する債権売買みたいなもので、本自体は物理的な媒体に過ぎないんだから、『モノとコンテンツの価値』を取り違えて商売しているブッ○オフは潰そうぜ」という主旨の発言とかね。なるほど確かに。いや、買い物はするけどさ、ブックオフ。


興味ない人には確実に面白くない一冊です。
既存のものってのは簡単には変わらないんですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/179-53190e8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。