スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほかならぬ人へ 


ほかならぬ人へほかならぬ人へ
(2009/10/27)
白石一文

商品詳細を見る


以前読んだ「僕のなかの~」「一瞬の光」「不自由な心」と比べて文章が軽くなってるような。
白石さんの文章は受け付けない人は受け付けないだろうと思っていたが、これなら割りと万人が読めそうなので、直木賞もまぁ、そんなこともあるかもね。

何にせよ、この人のそれみたいに、著者の哲学が滲み出ている文章が大好物です。が、小説の体を取るならば、ラストにはもう少し、オチか余韻のどちらかが欲しい気がするのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/201-3c88583b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。