スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫眼とアニ眼 


虫眼とアニ眼 (新潮文庫 み 39-1)虫眼とアニ眼 (新潮文庫 み 39-1)
(2008/01/29)
養老 孟司宮崎 駿

商品詳細を見る


やっぱり世界の本質は、連続的なのか離散的なのかという部分にあると思うんだ。

ぶつくさ言いながらも宮崎アニメ論をそれっぽい言葉で書ききるツンデレな養老さんが良い。「生きる力なんて、子供ははじめから持っている。それをわざわざ、ああでもない、こうでもないと、ていねいに殺しているのが、大人なのである」教育界のエラい人たちはこの箴言を噛み締めるべき。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/203-ce5f1107

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。