スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワンソング 


スワンソングスワンソング
(2007/09)
大崎 善生

商品詳細を見る


いいんです、大崎さんの小説は。
いくらありきたりでいつも通りな展開だろうと、いくら先が読めてしまう伏線だろうとw
主人公の気持ちがよく分かる気がする自分はやっぱりダメな男なのかと思。

やっぱりこの人の本は、文章がとても美しいと思うわけですね。
最初から最後まで、情景描写も心理描写も、奇跡的な比喩表現のオンパレードです。

最近の大崎さん、どうやら札幌・東京・ヨーロッパに加えて長野もテリトリーに加わったようで。
白馬のシャガール美術館、行ってくるかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/28-fe8d6ec1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。