スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月17日(木)@千葉市海浜地区 

今日の昼に検見川浜から稲毛海岸を自転車で散策してきたのでうp。浦安のボランティアに乗り遅れて暇人だっただけですが。全体的に、海から一番近い道路よりも、海岸線から数百メートルくらいの道路の方が液状化やヒビ割れが酷かったような気がする。

以下、3月17日時点での状況。


美浜消防署・美浜区役所付近
s-IMG_2618.jpg
s-IMG_2621.jpg
新検見川駅から真っ直ぐ検見川浜駅に向かうと、美浜消防署の辺りから地震の影響が見え始める。この写真は消防署手前の公園入り口。倒れた看板が奥に見えるが、起こしてみると「作業中につき立入禁止」とあった。おいおい。
消防署の前では点字ブロックの継ぎ目が壊れ、街路樹の植え込みには液状化後の泥が積み上げられていた。今日見て回った全ての場所に言えることだが、歩道の中でも始めに隆起して壊れるのは点字ブロックの部分だ。当然といえば当然だが、視覚障害者は一歩先が隆起していることも陥没していることも分からないわけで、彼らにとってこの状況は致命的だと思う。どうにかならないものかな。


京葉線・検見川浜駅
s-IMG_2623.jpg
検見川浜駅の周辺は、交番付近のマンホールは液状化で少し持ち上がっていたし、至るところで地面にヒビが入りタイルが崩壊していた。注意を促す三角コーンなどの設置も間に合っていない。京葉線は上下線ともに動いていて駅前のイズミヤも営業していたからか、人出は結構多かった。バスは、千葉シーサイドは運休で京成は動いてた。


千葉市立海浜病院
s-IMG_2631.jpg
s-IMG_2628.jpg
s-IMG_2637.jpg
海浜病院前は自転車で走るにも注意が必要な状況だった。一部の歩道には液状化の泥が溢れていて、病院入り口の部分だけどうにか泥を掻き分けたという感じ。手前の道路ではアスファルトの継ぎ接ぎ部分が浮き上がり、電信柱の足下にはヒビが入って黄色いアレ(?)は地面から抜けていた。この電信柱は、丁度東京電力の人が一人で調査しに来てた。そういえば母曰く近所の人が東京電力に勤めており、忙しく働いているようだ。友人にも東京電力の中の人がいる。いろいろ言われてるけど、現場の人たち超がんばれ。


検見川の浜・いなげの浜
s-IMG_2636.jpg
s-IMG_2646.jpg
s-IMG_2644.jpg
風が強くて冷たかったが、海はいつもの東京湾だった。南に目をやれば工場地帯からは煙が上がり、北に目をやれば遠くにスカイツリーが見える。工場地帯からは黒い霞のような煙も見えたが、火災跡とは別だろうか。ここ数日報道を見ないが、コスモ石油の火災は今なお消火活動中らしい(千葉製油所におけるLPGタンク付近火災について(第4報、3月16日13時現在))。津波が来たときに関係あるのか否か分からないが、浜辺の断面図の看板もあったのでメモ。猫可愛い。


京葉線・稲毛海岸駅
s-IMG_2649.jpg
s-IMG_2648.jpg
稲毛海岸付近は、検見川浜と比べるとかなり街の損傷は少ないように見えた。こちらもマリンピアが(一部?)営業中で、人通りは多い。大きな道路では脇に山盛りの灰が積んであった。どうやって処理するんだろう。近くの新聞集配所には「水出ます。お声掛けください」の貼り紙があった。なんとなくホッとする。一方で、近くのエネオスには入荷があったのか100台程の車が列を成していた。


PAT稲毛
s-IMG_2657.jpg
s-IMG_2665.jpg
s-IMG_2661_20110318001829.jpg
s-IMG_2674.jpg
電信柱がEXILE。最後に寄ったここが、今日見た中で最も大変な状況だった。電柱傾き放題、液状化し放題、看板欠け放題、バイクの車輪沈み放題。浦安や海浜幕張の報せは聞いていたけど、稲毛もこんな状態だとは思っていなかった。歩道はとても自転車で走れる状況ではなく、駐車場入り口も泥で使用不能となり車の客は裏口(?)から入れてた。結構大規模に配管工事(?)もしていた。確認した範囲で営業してた店舗は、美容院・ココイチ・マツキヨ・自転車屋・セブンイレブン。駐車場も裏道もこんな状況で、よく営業してたもんだ。いつも満室の美容室も流石に暇そうにしてたけど。しかし道路を挟んだ反対側はそれほど酷い被害ではなく、ラーメン屋など元気に営業していた。芝生の公園も液状化現象の餌食になるんですね。


…という感じで、益体もなく。あ、稲毛高校の周りも一周したけど特に問題はないように思われた。2時間ほどサイクリングしただけで疲れ切ってしまう自分の体力が一番の問題だと思った。あと、3月も中旬なのに寒い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/337-8b63b7ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。