スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみべの女の子(1) / 浅野いにお 


うみべの女の子 1 (F×COMICS)うみべの女の子 1 (F×COMICS)
(2011/03/17)
浅野 いにお

商品詳細を見る

この漫画は、あまりに、危険すぎる。いや、既刊分を一通り読破した段階で浅野いにおの危険性は認識していたつもりだった。直ちに影響は出ないにせよ、僕のトラウマの一番根っこの部分をピンポイントで刺激してくるんだよ、こいつは。しかしそんないにお作品の中でも、この漫画は、直ちに影響があるレベルでヤバイ。10種類くらいの薬を立て続けに呑まされて、そのうち2種類くらいがアナフィラキシーショックを引き起こしてくれるような、そんな感じ(?)。

描いてるのは思春期の青い性愛。そういう意味では、テーマとしては「おやすみプンプン」の部分集合だとも言える。表現としてはアグネス石原ドンと来いという面もあるのだが、そんな表層的な部分のみを以て二次元表現を論じようとするから以下略。個人的には第3話のメールのやりとりとか、第8~9話の軒下の会話とかが、qあwせdrftgyふじこlp;@:

磯辺と小梅の、虚しさや苛立ちや葛藤や不安や好奇心や現実感や非現実感が、よく分からないけどよく分かるのですよ。中学生の厨二病だと切って捨てるなかれ。その中学生的ニヒリズムから脱却できぬままに10年以上の時を怠惰に過ごしてしまうようなダメ人間も、この世には存在するんだよ。そんな浅野いにお作品に心をいたぶられて喜んでる人となら、きっと旨い酒が呑めると思う。

連載誌が隔月刊だから続刊はだいぶ先だろうし完結もいつになるやら分からないけれど(ある意味でこの類の漫画は完結してもしなくても良いと思う)、気長に待ちましょうかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/390-93d64afe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。