スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コクリコ坂から / 高橋千鶴、佐山哲郎 


コクリコ坂からコクリコ坂から
(2010/07/10)
高橋 千鶴

商品詳細を見る

もとは1980年の作品。思い出補正がゼロだからか、別段魅力的とは感じなかった。今となっては恋愛話に異母兄弟ネタってのは一つのテンプレみたいなものだけど、30年前は斬新だったのかもしれない。今、この漫画をジブリがアニメ映画化する意味は何なんだろう。主人公やその母親などは、宮崎さんが好きそうな女性像だなーとは感じた。

少女漫画に男性の原作者がついていることに驚いた。母によると、そんなに珍しいケースではないらしい。最近もあるんだろうか。というかこの本は映画化に合わせて復刊したんだな。奥付にもジブリの名前が載ってた。

さらに母によると、『耳をすませば(集英社文庫)』をうまく映画化した実績はあるので、それなりに期待できるかもしれない、とのこと。耳をすませばも少女漫画が原作だとは知らなかった…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/408-48f6e76c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。