スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意訳 日本国憲法 

憲法記念日!やっぱり手と頭を使わないと本当の意味で読めないわけで、自分の言葉に意訳してみた。通読して感じたのは、やはり序盤の世界平和への異常な執着が際だって見えること。世界憲法じゃなく日本国憲法なんだから、もう少し日本という国を定義して欲しい気はする。ちゃんと読みこなして議論に参加するには、英語の原文とか、海外の憲法と読み比べてみないといけない気がする。そこまで手が回るわけないが。その前に近代史の勉強だな。。


【公布に際しての声明?】S21.11.3公布、S22.5.3施行

日本国民の総意に基いてこの憲法ができました。帝国憲法第73条(憲法を改正するときは勅命を以て議会に発案すべし。で、両議院で2/3以上の出席のもとで議論して、出席議員の2/3以上の賛成で改正案可決だよ)に従って憲法改正するから公布するよ。

日本国憲法

【前文】

 日本人は以下のようなことを宣言してこの憲法を確定するよ。
・選挙で選んだ代表者を通じて行動する
・協和とか自由を大事にする
・政府がまた戦争を起こさないようにする
・国民主権
そもそも国政は国民の信託を受けてるんだから、その権威は国民のもので、その権力は国民の代表者のもので、その福利は国民が受けるんだよ。この憲法は、そんな人類普遍の原理でに基くものですよ。この憲法に違反する一切のことをやっちゃダメだよ。
 日本人は、理想的な人間関係を大事にし、平和大好きな国民を信頼し、安全を維持しますよ。僕らは平和を目指す国際社会において、リーダーにならなきゃね。世界中の人々にもハッピーに暮らす権利があるんだからね。世界中の人たちはは、自分のことだけを考えてちゃいけなくて、お互いに対等に頑張ろうぜ。日本人は、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓います!


【第1章 天皇】

第1条 天皇は日本国と日本国民統合の「象徴」だよ。
第2条 皇位は世襲制だよ。
第3条 天皇の国事行為は、内閣の責任でよろしく。
第4条 天皇は国事行為だけをやるべし。政治には口出し無用。
第5条 摂政の制度は今もちゃんとあるんだよ。知ってた?
第6条 天皇は国会が指名した内閣総理大臣を任命してあげてね。あと、最高裁判所の裁判官のリーダーも任命してね。
第7条 天皇の国事行為ってのは以下のことだよ。
 ①憲法改正、法律、制令、条約の公布
 ②国会の召集
 ③衆議院の解散
 ④国会議員の総選挙施行の公示
 ⑤臣などの任免と、大使とか公使の信任状の認証
 ⑥各種恩赦の認証
 ⑦栄典の授与
 ⑧外交文書の認証
 ⑨外国からの大使とか公使の接待
 ⑩儀式
第8条 皇室が財産をもらうときは国会の決議が必要だよ。


【第2章 戦争の放棄】

第9条 平和を祈ろう。戦争反対!軍隊みたいな危ないのは棄てちまえ。


【第3章 国民の権利と義務】

第10条 日本人の定義は法律で決めます。
第11条 基本的人権が何より大事です。憲法が保障するんだから間違いない。
第12条 この憲法が保障する自由と権利を守るには国民の努力が必要です。あと、場合によっては公共の福祉の方が個人の権利より優先されるのは当然だから、ペアレントもペイシェントもカスタマーもモンスター化イクナイ。
第13条 全ての国民は個人として尊重されるべき。
第14条 みんな平等!差別ダメ、ゼッタイ!一応言っとくと、貴族制度は廃止だよ。
第15条 公務員を選んだりクビにしたりするのは、国民の権利だよ。公務員の選挙は普通選挙で。選挙で誰に入れたとかは秘密にする権利があります。即ち、選挙で個人が投じた票については責任は問われないよ。
第16条 何人たりとも、損害の救済・公務員の罷免・法律等の制定や改正などについての請願を妨げる奴は許さん。
第17条 公務員が不正したことで損害を受けたら、国や地方公共団体に賠償を求めていいよ。
第18条 何人も奴隷にしてはいけません。刑罰以外で人を不当に拘束してはいけません。
第19条 思想及び良心の(?)自由があります。
第20条 信教の自由を認めるよ。宗教団体は国から特権を受けたり政治的な権力を振るっちゃダメだよ(…あれ?)。逆に、宗教行事は強制されないよ。国やその機関は宗教教育や宗教活動をしちゃダメだよ。
第21条 集会・結社・言論・出版、そしてその他の全ての表現の自由を保障するよ。検閲も通信傍受もダメなんだからね!
第22条 公共の福祉の範囲内で、住む場所と職業選択の自由があるよ。外国に住んでもいいし、日本人辞めるのも自由だよ。
第23条 学問の自由。
第24条 結婚は男女の合意のみで成立するよ。夫婦は対等だよ。
第25条 最低限度の人間らしい生活をする権利があるよ。国はそのために、社会福祉とか公衆衛生とか頑張ってね。
第26条 能力に応じた教育を受ける権利があるよ。保護者は子供に普通教育を受けさせる義務があるよ。義務教育はロハだよ。
第27条 労働の権利と義務があるよ。細かい労働条件については法律作ってね。子供を酷使しちゃダメだよ。
第28条 勤労者の団結権・団体交渉権とかを保障するよ。
第29条 財産権は不可侵!細かいことは法律作っておくれ。
第30条 法律に従って納税する義務があります。
第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。(原文ママ)
第32条 裁判を受ける権利があるよ。
第33条 現行犯逮捕以外では裁判所の逮捕令状なしに逮捕されないよ。
第34条 拘留されるときには、理由を告げられ、弁護士を呼ぶ権利があるよ。拘禁の正当な理由は法廷で示さなきゃいけないよ。
第35条 家宅捜査や所持品の押収も捜査令状なしにはされないよ。令状は司法が発行するよ。
第36条 公務員は拷問とか残虐な刑罰をしちゃいけないよ。
第37条 刑事事件の被告人は公平で迅速な公開裁判を受ける権利があるよ。刑事被告人は全ての商人に審問できるし、公費で証人を呼んでいいよ。被告人が弁護士に依頼できないときは国選弁護人が頑張るよ。
第38条 自分に不利益なことは言わなくてもいいんだよ(!)。拷問・脅迫による自白には証拠能力ないよ。「3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。(原文ママ・どういう意味だ?)」
第39条 その行為があった時点で合法であれば、または既に無罪判決が出た行為については刑事責任を問われないと。同一の犯罪に別の刑事責任を追加できないよ。
第40条 拘留・拘禁された後に無罪判決が出たら、国に補償を請求できるよ。


【第4章 国会】

第41条 国会は、国権の最高機関で、唯一の立法機関だよ。
第42条 国会は衆議院と参議院で構成されるよ。
第43条 両議院は選挙で選ばれた議員が構成するよ。議員定数については法律作ってね。
第44条 両議院の議員と選挙人の資格は法律で決めるけど、差別はゼッタイダメだよ!
第45条 衆議院議員の任期は4年だよ。でも解散したらそこで終わりね。
第46条 参議院議員の任期は6年で、3年ごとに半分ずつ改選するよ。
第47条 選挙の詳細については法律作ってくれ。
第48条 同時に衆参の両方で議員はできないよ。
第49条 国会議員は国庫から歳費を受け取れるよ。
第50条 国会議員は基本的に国会会期中は逮捕されないよ。会期前に逮捕された議員は、議院の要求次第で釈放しなきゃいけないよ。(why?)
第51条 国会議員は、議院で喋ったことについて院外で(プライベートでってこと?)責任を問われないよ。
第52条 通常国会は毎年一回ね。
第53条 内閣は臨時国会を召集できるよ。衆参どちらかの総議員の1/4以上の要求で招集しなきゃいけないよ。
第54条 衆議院が解散されたら、それから40日以内に衆議院議員の総選挙をやって、さらにそれから30日以内に国会召集だよ。あと、衆議院解散したら参議院は緊急時以外は閉会ね。で、その緊急集会での決定は臨時だから次の国会開会10日以内に衆議院の賛成がなければ失効ね。
第55条 両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。(原文ママ・よくわからん)
第56条 衆参どちらも、全体の1/3以上の出席がなければ議事が成立しないよ。で、採決は基本的に多数決で、引き分けだったら議長が決めていいよ。
第57条 国会は公開だよ。でも出席議員の2/3以上の賛成で秘密会にしてもいいよ。議事録はちゃんと保存して原則的には一般に公開しなよ。出席議員の1/5以上の要求が有れば、各議員の表決を議事録に書かなあかんで。
第58条 両議院はそれぞれ議長などの役員を選任するよ。で、内部規則決めたり「秩序を乱した」議院を懲罰できるよ。ただし議院の除名には出席議員の2/3以上の賛成が要るよ。
第59条 法律案は、衆参で可決されたら法律となります。衆で可決して参で否決の場合、衆で2/3以上で再可決されたらok。これについては、衆が両議院の協議会を開ける。衆を通った案を参が60日以内に議決しなければ、これは否決扱い。
第60条 予算は、先に衆議院が提出してね。衆参で違う議決になったら協議会開け。それでも意見が一致しなければ、または衆を通った予算案を参が30日以内に議決しなければ、衆の議決を以て国会の議決としちゃうからね。
第61条 条約締結に必要な内容は、前条の規定に準ずる。
第62条 両議院は国政に関する調査をして、証人喚問できるよ。
第63条 内閣総理大臣と他の大臣は、国会に議席がなくても議院に出席して発言できるよ。答弁があるときは当たり前だけどね。
第64条 国会は両議院の議員で組織する弾劾裁判所を設けるよ。弾劾については法律参照。


【第5章 内閣】

第65条 行政権は内閣に属するよ。
第66条 内閣は、内閣総理大臣とそのほかの国務大臣で構成されるよ。軍人は内閣総理大臣と国務大臣になれないよ。内閣の行政権は、国会と連帯責任ね。
第67条 内閣総理大臣は国会での議決で指名してね。この指名は最優先事項。衆参で違う指名をした場合には協議会でそれでもダメなら、参が10日以内に議決しなければ衆議院の優越。
第68条 内閣総理大臣が国務大臣を任命してね。ただし、過半数を国会議員から選ぶこと。そして内閣総理大臣はいつでも国務大臣をクビにできます。
第69条 衆で内閣不信任案が可決(or信任決議案が否決)されたら、10日以内に衆議院が解散されなかったら、内閣総辞職!
第70条 内閣総理大臣が欠けたときと、衆議院議員総選挙後の初国会があったときは、内閣総辞職!
第71条 内閣総辞職の場合、次の内閣総理大臣が任命されるまでは仕事してね。
第72条 内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、国務や外交について国会に報告し、行政各部を指揮監督してね。
第73条 内閣の主な仕事は以下。
 ①法律の執行、国務の総理
 ②外交
 ③条約締結とそれについての国会の承認を得る
 ④官僚の仕事を管轄
 ⑤予算作成と国会への提出
 ⑥この憲法と法律を実施するための政令(罰則なし)を制定
 ⑦恩赦の決定
第74条 法律と政令には、主任の国務大臣と内閣総理大臣の連署が必要だよ。
第75条 国務大臣は、内閣総理大臣の同意なしには訴追されないよ。


【第6章 司法】

第76条 司法権は最高裁判所と下級裁判所に属するよ。特別裁判所はダメだよ。行政は裁判できないよ。裁判官は「その良心に従い」独立した権限を持ち、憲法と法律にのみ拘束されるよ。
第77条 最高裁判所は、訴訟の手続き、内部規律などについて決めていいよ。検察官は最高裁判所のルールに則ってね。最高裁判所は下級裁判所に関する規則を定める権限を本人たちに委譲できるよ。
第78条 裁判官は、精神病か弾劾裁判以外でクビにならないよ。行政は裁判官の懲戒をできないよ。
第79条 最高裁判所は「長たる裁判官」以外の裁判官は内閣が任命するよ。最高裁判所の裁判官は定期的に(衆議院議員総選挙と同時に)国民審査があるよ。審査については法律参照。定年は法律次第。報酬は定期に相当額で在任中は減額できない。
第80条 下級裁判所の裁判官は最高裁判所の指名した名簿を内閣で任命する。任期は10年、再任あり、定年は法律次第。報酬も最高裁と同じ規定。
第81条 最高裁判所は、違憲立法審査権を持つ終審裁判所だよ。
第82条 裁判の対審と判決は公開だよ。細則はいろいろあるけど。


【第7章 財政】

第83条 国会の議決通りに財政処理すべし。
第84条 税制変えるには法律変えてね。
第85条 国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。(原文ママ)
第86条 内閣は毎年ちゃんと予算作れ。
第87条 一応予算以外に予備費を儲けていいよ。内閣の責任でね支出していいけど、国会に報告必須。
第88条 皇室財産は国に帰属する。皇室の費用は予算計上して国会の議決を経る。
第89条 公の財産は、宗教組織・賄賂・公に属しない社会事業に支出しちゃダメだよ。
第90条 国の決算は毎年、会計検査院がチェックするよ。会計検査院については法律で決めてね。
第91条 内閣は、国会及び国民に対し、定期に、少くとも毎年一回、国の財政状況について報告しなければならない。(原文ママ)


【第8章 地方自治】

第92条 地方公共団体の運営については、法律で対応せよ。
第93条 地方公共団体には、議会を設置しちゃうよ。首長と議院は住民が直接選挙して選んでね。
第94条 地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる。(原文ママ)
第95条 ある地方公共団体のみに適用される特別法は、そこの住民投票で過半数の同意がないと、国会で立法できないよ。


【第9章 改正】

第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の2/3以上の賛成で国会が発議し、国民投票で過半数の賛成が必要だよ。憲法改正が決まったら、天皇が国民の名で公布するよ。


【第10章 最高法規】

第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果で、将来の国民に対し侵すことのできない永久の権利として託されたものであるのだよ。
第98条 この憲法は、国の最高法規です。これに反する一切のことは無効です。まぁ国際的な合意との整合性は適宜がんばってね。
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。(原文ママ・国会議員に憲法を擁護する義務があったら改憲不可能じゃね?)


【第11章 補足】

第100条 この憲法は、公布から6ヶ月したら施行ね。この憲法を施行するために必要な選挙とか国会とかの準備手続は、その半年で頑張ってね。
第101条 この憲法施行の時にまだ参議院が成立してなかったら、成立するまでは衆議院を以て国会とします。
第102条 この憲法による第一期の参議院議員のうち半分は、任期3年ね。
第103条 この憲法施行時点での国務大臣・衆議院議員・裁判官・その他の公務員で、その地位に相当する地位がこの憲法で認められてれば、地位は引き継ぎ。ただし、この憲法で後任者が選挙・任命されたときは、当然その地位を失う。
スポンサーサイト

コメント

何故?

何故、仙台市の避難者リストをブログに掲載してるのですか?

Re: 何故?

http://damest.blog12.fc2.com/blog-entry-424.html
こういった次第でございます。

> 何故、仙台市の避難者リストをブログに掲載してるのですか?
  • [2011/05/13]
  • URL |
  • だめにんげん
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/417-714d3cb2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。