スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後のWeb上での避難者名簿とか 

なぜか憲法の記事のコメント欄に「何故、仙台市の避難者リストをブログに掲載してるのですか?」という書き込みがあった。何故、というならば「何故今更そんなことを訊ねるのだろう」とか「何故避難者名簿の記事ではなくこの記事にコメントしたのだろう」ということも気になるが、当時いろいろ思ってたことをこの際だからメモしておこう。

↑の質問が「何故、避難者リストをブログに掲載しているのか」という意味なら、その理由は↓である。

3.11の数日後に、Picasaに避難所の避難者名簿の写真をupする場所が設けられていた。しかし写真だけではWeb検索でヒットしない。そこで、写真から文字起こしをすることで、誰かを探している人が名前で検索したときに少しでも情報に辿り着きやすくなるように、少しでも手伝えることがあるならやろう、と思ったから。

↑の質問の意味が「何故、仙台市をチョイスしたのか」という意味なら、その理由は↓である。

仙台(というか石巻)出身の友人がいること。ついでに、Picasaに上げられている写真の中で、まだテキスト化されていない避難所を優先的に作業した。



その他、雑感など。

・震災直後は宮城県の情報ばかり見ていた。

・宮城県のWebサイトで避難所一覧の情報がまとめられ始めたのは、更に数日後だった気がする。当たり前だが、有志によるwikiの方が明らかに動きは早かった。だから、もっと集合知を信用して信頼して連携を図るというのも、今後の危機対応では有り得るのではないか。

・行政が出してくる避難者リストはpdfだった。ガラケーじゃ見れへんやん。

・Picasa内の掲示板でも有志がテキスト化する流れはあった(Google主導だったのが素晴らしい)が、Picasa内の掲示板の文字は、普通にGoogleで検索してもヒットしない仕様だったようだ。しかし当ブログのアクセス解析を見て分かったが、「石巻 菅直人 避難所」とか「鳩山由紀夫 鳩山幸 仙台」とか、Personをfindしようとしてとりあえずその人の名前で検索する人は多い。そういう意味でも、検索で引っ掛かりやすいページに情報を載せておくというのも重要だと感じた。ブログというのは情報発信の責任が曖昧だけど、PCでもガラケーでもスマホでもある程度見やすく表示されるのはいいね。

・震災直後の避難者というのは、一つの避難所に留まっているわけではないので、名簿に名前があったからといってその避難所に今もいるかどうかは分からない。でも避難所に辿り着くまでは生きていたということが分かれば、とりあえず一安心なんだよね。

・そういえば一日平均アクセス一桁だったこのブログが、避難者リストのテキスト化を幾つか試しただけで、一日3000近いアクセスになり、瞬間的にfc2の大学生日記ランキング1位になったりしてた。個人情報保護法とかいう謎法に縛られた大マスコミが被災者の情報公開に躊躇した結果だと思う。大マスコミの優先順位とか価値観が理解できないレベルに逝ってしまっているのはもうどうしようもないけど、知人の安否という情報にはそれだけ需要があるわけで、情報収集・分類のプロである所の新聞社とかが率先してできることはあったんじゃないだろうか。

・「避難者名簿 問題点」でググって一番上に来たブログ。こういうまとめは見やすくて良いね。5/10にも更新がある。まだまだ個人でできることもたくさんあると気付かされる。
■避難情報の一元化に向けて(東日本大震災 避難者名簿確認用ブログ(個人サイト)宮城県・岩手県の避難者情報を順次転載)

要するにGoogle△

・こういう活動もアイディア次第なわけで。皆すごいなぁ。被災地の女性へのネイルサービスとかもあるw
■Toksy 被災者へ個人間で支援物資を贈ろう!
■ボランティアプラットフォーム



ボランティアスタッフとして東北の被災地に行った人の話。要介護の妻の面倒を見ているおじいさんが「流されてくれた方が良かった。自分も流された方が良かった」というような意味のことを漏らしたらしい。「生きているだけで丸儲け」なんて安易に言えないこの状況。過去も未来も失って孤立した現在に投げ出された人に、一体どんな言葉をかけられようか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/424-bbf70e0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。