スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの消失 / 石原立也、武本康弘 


涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]
(2010/12/18)
平野綾、杉田智和 他

商品詳細を見る

キョンに「俺は、ハルヒに会いたかった」ということを言わせて、ハルヒに振り回されている現状が面白いということを遂に自覚的に確信させる、というのがこの「消失」の企図なんだよね。感情を持たないはずのヒューマノイドインターフェイスである長門がエラー(=感情)を募らせて世界を再構築してしまった結果、テレビシリーズをも伏線にしたタイムスリップSFになっており、それなりに凝った作りになっているので、そのポイントにおいてはまあまあ面白かった。が、いろいろな作品で観たような設定や演出やプロットの組み合わせであることは否めない。映画が単品の作品として完結してないのはちょっとアレだしなあ。しかし、キョンがここまで能動的にSOS団を肯定してしまったら、シリーズ終了じゃね?原作小説でどんな描き方なのか知らんけど。

この類の作品には当たり前といえば当たり前だが、長門さんの表情とか演出があまりにあざとい。あざとい。あれで「長門は俺の嫁」と言って憚らなかった人たちは喜ぶのだろうか。

あと、テレビシリーズよりも動画がぬるぬる動いてた気がする。CLANNADの幻想世界ほどではないが。フレーム数多いのかな。あと、ここぞという時のBGMにジムノペディはずるい。あと、キョンの中の人は、どんだけ台本分厚かったんだろうな。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/440-7a374d4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。