スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の読書メーター 

6月の読書メーター
読んだページ数:2082ページ
読んだ本の数:8冊
買った本の数:12冊
積読率:33%

買いすぎだろjk…



何かのために sengoku38の告白何かのために sengoku38の告白
「私がやったことに対して、立派だとか、義挙だとか言う人がいるが、私はそうは思わない。日本国民として、ただ当たり前のことをやっただけのつもりである(p213)」とある。「当たり前のこと」が義挙として持ち上げられてしまうほど、今の日本では「当たり前のこと」が当たり前に為されていないということだね。
読了日:06月01日 著者:一色正春
花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
悪くはないが、面白くもない。バスケのくだりは、著者はバスケ経験ないんだろうなということが伺える。扇ちゃんって誰だっけ?w
読了日:06月02日 著者:西尾 維新
終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)
個人個人にコミュニケーション能力が求められない時代があったということは、80年代以降に生まれた世界には驚きである。初めての宮台真司だったが、この究極の俯瞰のようなスタンスは大好物だ。社会学者って、みんなこうなのか?
読了日:06月13日 著者:宮台 真司
原発大崩壊! 第2のフクシマは日本中にある (ベスト新書)原発大崩壊! 第2のフクシマは日本中にある (ベスト新書)
要するに。日本には安全な原発をつくる技術はあるが、実際の原発は安全に作られていない。日本のすべての原発は、原子炉は守るが周辺住民は守らないという設計になっている。ということ。相変わらず細かい日本語表現には無頓着だが、2011年4月時点での著者の原発に対する分析がまとめられている。
読了日:06月22日 著者:武田 邦彦
テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)
悪くはない。ラノベ作家にあるまじき豊富な語彙が練り込まれた文章は、嫌いではない。著者がやりたかったことは分かる気がするんだけど、全体のプロットが中途半端なのと、人間描写がチープなのが、評価し切れないポイントかな。クラスメイト全員死んだことが、ストーリー上で必要だったのかも疑問。確かにAB!に近い話だが、リトバスも含まれてるよねw
読了日:06月23日 著者:滝川 廉治
えっ、ボクがやるんですか? 部下に教えたい、社会人のものの言い方100えっ、ボクがやるんですか? 部下に教えたい、社会人のものの言い方100
つまらなかった。社会人未満の身としては勉強になる部分もあるにはあったが、100個の中にネタ被りも矛盾も多く、まとまりもないので読み飽きる。
読了日:06月25日 著者:播摩早苗
そういうものだろ、仕事っていうのはそういうものだろ、仕事っていうのは
最後の話。うぉぇあ、と声を上げてしまう主人公になんか萌えたw
読了日:06月28日 著者:重松 清,野中 柊,石田 衣良,大崎 善生,盛田 隆二,津村 記久子
“文学少女”と恋する挿話集3 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集3 (ファミ通文庫)
竹田千愛というキャラを見てると、俺なんかまだまだだと思い知らされる。やっぱり人間失格を再読せねば。しかしこのキャラを書けるってのは、作者も千愛的な部分を少なからず持ってるんじゃないだろうか。
読了日:06月28日 著者:野村 美月

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/458-1419ecbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。