スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"文学少女"見習いの、卒業。 / 野村美月 


“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)
(2010/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る

長編『“文学少女”見習いの、寂寞。』と短編『“文学少女”見習いの、卒業。』の2編+α。見習いシリーズ前2冊をだいぶ前に読んだので、事件の詳細を憶えてなかった。

1冊目の『初戀』で心葉出会って殺人事件があったんだっけ?
で、心葉先輩に「日坂菜乃さん、ぼくはきみが、大嫌いだ」言われて幕引き。

2冊目の『傷心』で文化祭の劇をやったんだっけ?
で、瞳ちゃんに「わかったでしょう?……邪魔よ」と言われて幕引き。

それにしても、好きな人と親友からこの仕打ちって、あまりに不憫な主人公だなあw

しかし、それでもめげない日坂菜乃というキャラだったからこそ、この外伝シリーズは成立してた。シリーズ開始時点で、読者には、主人公の片想いは絶対に実らないことが分かっていた。それでもこんな爽やかなラストシーンを迎えられたのは、"片想いでも一生懸命に好きな人と向き合っている、おひさまみたいな女の子"が主人公だったからだ。そんな菜乃に対する、心葉からの最後のプレゼントも良かった。心葉さんは『道化』の頃からは考えられないキャラに成長したねw

そしてやっぱり、ダラダラ続けないで始めから3巻完結のつもりだったのが、とても良かった。出版側に書かされてるんじゃなくて、書きたいものを書いてるみたいだし。本・文学・作家への愛を感じさせてくれる著者にはぜひ、『"文学少女"の晩ご飯』みたいな書評ブログを期待したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/459-28d6f3af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。