スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の読書メーター 

7月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
買った本の数:10冊
積読率:30%
読んだページ数:2181ページ
ナイス数:10ナイス

ラノベと新書…



“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)
素直に良かったといえる外伝は珍しい。日坂菜乃というキャラが成功だったと思う。
読了日:07月02日 著者:野村 美月
“文学少女”と恋する挿話集4 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集4 (ファミ通文庫)
このシリーズは古今東西の古典文学を取り上げた壮大な連作書評であって、そういう意味では、短編集も悪くない。積ん読促進効果抜群。
読了日:07月06日 著者:野村 美月
半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)
半熟作家のキャラがちょっとアレです。これほどの"文学少女"なら、編集者よりもむしろ書評家としての活動に期待したい(?)
読了日:07月08日 著者:野村 美月
偽善エネルギー (幻冬舎新書)偽善エネルギー (幻冬舎新書)
相変わらずテキトーな記述も多いので、クリティカルに読める人じゃないと武田信者になるのは危ないとは思う。しかし、2009年出版の本書で既に「日本は安全な原発を造る技術はあるのに安全に造っていない。これで事故ったら人災である」ということを指摘している。3.11以前にこのような主張をしていた学者は他にいたのだろうか。
読了日:07月11日 著者:武田 邦彦
狼と香辛料 17 (電撃文庫 は 8-17)狼と香辛料 17 (電撃文庫 は 8-17)
ロレンスはM。コルは、Mと見せかけたドSに育つことでしょう(?)
読了日:07月14日 著者:支倉 凍砂
なぜうつ病の人が増えたのか (幻冬舎ルネッサンス新書)なぜうつ病の人が増えたのか (幻冬舎ルネッサンス新書)
新しい抗鬱薬の導入が、結果的に世の中の鬱病患者を増やしているのではないかという「仮説」。始めは主張の意味がよく分からなかったが、様々な客観的データに基く議論を読んで、そういう側面も少なからずあるのだろうと納得した。社会に一石を投じながらも中立的であろうとする著者のスタンスが素晴らしい。
読了日:07月25日 著者:冨高 辰一郎
学者のウソ [ソフトバンク新書]学者のウソ [ソフトバンク新書]
著者の講義を受けて読んだ。識者・エリートのウソ。その言論の手法に対する批判を重ね、責任を問う。批判するだけでなく、「それではどうすべきか」という代案を常に提示する姿勢がある。理念のこもった一冊。
読了日:07月31日 著者:掛谷 英紀

読書メーター
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/467-5c5b67b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。