スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女不十分 / 西尾維新 

少女不十分 (講談社ノベルス)少女不十分 (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
西尾 維新

商品詳細を見る

西尾維新が好きなら読んでおくべし。
西尾維新が嫌いなら止めておくべし。
西尾維新を未読なら他著を読んでから判断せよ。

正直、言えることはそれだけである。

因みに私が既読なのは、戯言シリーズ・人間シリーズ・物語シリーズ・『ニンギョウがニンギョウ』。本書については、未読の人にお勧めしたい本ではなく、勧められずとも当然のように読んだ維新チルドレン(?)と語り合いたい本であった。

10頁もあれば語り終えられるであろう内容を、モノローグを捏ね繰り回して20倍に膨らませているので、粗筋を少しでも語ったらネタバレになってしまう。もともとそれが著者の文体ではあったが、本書はあまりに常軌を逸した戯言具合である。上級者向け過ぎる。流石に中盤はダレてしまって読むのが辛かった。

本書の語り手の「僕」は、デビュー10周年を迎える作家である。作家志望だった「僕」が職業作家になる切っ掛けとなった事件を述懐するという体の「小説」である。また、著者本人もデビュー10周年の作家であり、「僕」の語る内容は著者にも当て嵌まっているのではないかと思わせられる。もしかしたらこの事件と同じような体験があったのかもしれない(いや、無理があるけど)。オチはベタな感じもするけど好きだった。また、著者の小説哲学・人生哲学が垣間見えるのが楽しい。

端的に個人的な感想を述べるなら、決して面白い本ではなかった。しかし、読んで良かった。間違ってしまい、社会から脱落してしまった(p210)という意識には、少なからず共感するところがあるから。そんな人たちを、それでも温かく包み込んでくれる気がするから。ただの中二病だと指摘されたら反論の余地はないし、反論する気も一切ないのだけれど。(という言い回しが、既に維新文学に感化されている…)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/481-63370660

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。