スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎解きはディナーのあとで / 東川篤哉 


謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る

ものすごく売れているらしいが、個人的感想としては、あまりにつまらない作品だった。

本書は、連作短編の安楽椅子探偵もの推理小説。生粋のお嬢様であり刑事でもある主人公が、事件を家に持ち帰って、執事に謎を解いてもらう。そんな話がつらつらと6話並んでいる。

しかしこの謎(のようなもの)やトリック(のようなもの)や推理(のようなもの)の質が、あまりにチープ過ぎる。読んでいても謎解きというよりもパズルを解いている感覚の方が近く、推理漫画やノベルゲームの方がよっぽどミステリとして面白い。事件にまつわる登場人物の心情なんて一切描かれないし、警察の捜査などに対する描写もテキトー極まる。推理小説やミステリをそれほどたくさん読んできたわけではないが、推理「小説」でできることは、もっといろいろあるはずだ。

キャラの掛け合いが面白いという意見もままあるようだが、それも決して褒められる水準ではない。お嬢様や執事や警部のキャラは一見個性的ではあるが、小説の中でまったく「生きて」いない。「とりあえず財閥の娘ということにしとけば斬新になるだろう」というようにしか見えない。財閥の娘という説明がなければ、このキャラをお嬢様とは感じられないと思う。

なんだかいろんな意味で勿体ない一冊だった。本来、ただのつまらないミステリっぽいラノベなんだけど、本屋大賞を受賞してしまったために色々言いたくなる。それでもこれだけ売れてドラマ化されたりすれば、著者も出版社も書店もWin-Win-Winなんだろうなあ。ブームに釣られて手にした読者のひとり負けです。やっぱり本屋大賞というのは「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」でしかないのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/484-83251641

「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉

「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」 令嬢刑事と毒舌執事が難事件に挑戦。ユーモアたっぷりの本格ミステリ。 執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人...
  • [2011/11/30]
  • URL |
  • 粋な提案 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。