スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫と歌 / 市川春子 


虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)
(2009/11/20)
市川 春子

商品詳細を見る

本屋のPOPに惹かれて購入した。積ん読の際限がなくなるので小説はこの買い方をあまりしないけど、漫画は買ったその日のうちに読み終えられるからたまにこの買い方をしてしまうのです。

さて、この本には月刊アフタヌーンに掲載された4つの中編(短編?)漫画が収められている。この作者はこれが処女作らしい。内容は一見SFっぽいんだけど、サイエンス・フィクションというよりもシュール・ファンタジーといった様相。線が少なく儚い雰囲気の画と相まって、すごく不思議な雰囲気になっている。

4編の粗筋をそれぞれ1行でまとめると…

『星の恋人』は、工作中に誤って切り落としてしまった指から生まれた妹の話。
『ヴァイオライト』は、飛行機墜落事故で生き残った二人の静電気の話(?)。
『日下兄妹』は、箪笥の取っ手のワッシャーが野球部エースの妹になる話。
『虫と歌』は、虫の開発者の兄妹の弟が虫の話(?)。

…といった感じ。まとめられない。一応、「命の繋がり」みたいなテーマが通底している気がしないでもないが、説明が少なくてよくわからない部分も多い。でもその分からない部分が、読者の想像の余地を生んでいる。人によって自由な解釈を楽しめる作品ともいえるし、あまりに投げやり過ぎるともいえる。その微妙なバランスが、この漫画の魅力なんだと思う。個人的には『ヴァイオライト』が完全に理解の範疇を超えていたのが悔しい。

絵柄からはちょっと昔の漫画のような印象も受けるが、独特のギャグのセンスとテンポは非常に現代的だとも感じた。とにかく、雰囲気もストーリーも、読んでみないと分からない、絶妙な違和感とアンバランスをまとった一冊だった。次の単行本も発売されているようなので、読んでみたい。


因みに、Amazonレビューを覗くと星4つ以上をつけている人がほとんどで、概ね高評価ではある。しかし低評価を付けている人の中には高野文子なる漫画家の劣化コピーであると批判している人もいる。高野さんも読んでみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/488-a0694318

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。