スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGEROU / 齋藤智裕 


KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤 智裕

商品詳細を見る

パッと見ただけでも1ページ当たりの文字が少ない上に、テーマの重さに反して内容は軽く、読むのが遅い私でも2時間で読了できる密度の小説だった。

いろんな人の感想を読むと文章が下手って言ってる人が多いけれど、私が読んでいてもっとも苦痛だったのはむしろ、哲学の浅さだった。主人公や脇役の問答から、著者の命、自殺、臓器移植、カネといったものに対する考えが透けて見えるのは良いんだけど、いかんせん薄い。描きたかったメッセージは一応理解できるだけに、むしろ表現者として心配になる。俳優としての著者はよく知らないけれど、言葉にするのが下手なだけで、彼なりの深い哲学を持っているのだろうか。

物語についても、いろいろな人が言っているように、プロットとストーリー表現が稚拙すぎて、子供が書いたお話のような印象だった。

賞によって過大評価された反動でネットでは過小評価されているが、某山田氏ほど酷くはない。意外にも比喩などの文章表現の引き出しはそれなりに豊富で違和感なかったので、著者はそれなりに本を読む人なのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/492-199e17f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。