スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカ 


魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る

面白かった。なるほど、熱狂を以て受け入れられたのがよく分かる。表面上は解りやすい萌え記号でゴテゴテと装飾されてて、でも独特のアンニュイなキャラデザとシャフトの演出で諄くは感じなくて。とはいえ、すこす過大評価されているようにも感じる。要素ごとに分解するとどこかで観たことのあることばかりにも見えるから。それをうまく練り上げて非凡な作品に仕上げられたのは、誰の功績なんだろう。オリジナルアニメであるという点とか、震災云々で最終数話が一気に放送されたとかそういうのも評価の補正に入ってるんだろうか。

とりあえず、ストーリーは密度と純度が高いと感じた。伏線とか演出とかいろいろあざといんだけど、それを逆手にとって綺麗にまとめているというか、全12話に丁度よく無駄なく、ストーリーが解りやすく描かれていた。大風呂敷を広げることなく、かといって小さく纏まりすぎることもなく。褒めるべきは総合的なバランス感覚か。

ちょっと疑問に思った。こういうループ構造がナチュラルに出てくる作品って、ギャルゲー以前の時代に突然発表されたとして、理解され、受け入れられるものなのだろうか。今の日本だから、そういう話はすでに溢れてて使い古されてたくらいになっていて、だからこそ視聴者も慣れているけれど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/493-4cee6f82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。