スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なれる!SE 2 基礎から学ぶ?運用構築 / 夏海公司 


なれる!SE 2 (電撃文庫 な 12-7)なれる!SE 2 (電撃文庫 な 12-7)
(2010/10)
夏海 公司

商品詳細を見る

メインヒロインとは犬猿の仲のサブヒロインも登場して、しかもメインヒロインが分かりやすいツンデレでサブヒロインが主人公に惚れちゃうあたり、ラブコメとしてはテンプレ展開になってきました。なんか逆に新鮮です。

小説としては、システムを構築する部署と保守運用する部署の、社内の対立を描いている。リスクを事前にどれだけ見積もって、それに対するヘッジを事前にどれだけ準備するか。細かく見ればリスクに際限はないが、対応策を準備するのにはコストがかかる。その線引きで、両者は激しく対立する。そして不運にもその板挟みになった主人公が、その仲裁に奔走する。

SE経験者が読んだらどうなのかは分からないが、少なくともSE未満・社会人未満の身としては、それなりに含蓄あるシリーズだと思う。主人公の上司の言葉。
"「所詮は人と人だよ。システムの仕事とかいってもね。○○さんの案件だから信頼できる、引き受けてもいい、そんなものさ。」"
IT業界の就活においても「SEに最も重要なのはコミュニケーション能力です」のフレーズは耳タコだった。SEだろうが何だろうが、仕事というのは人と人との信頼関係の上に成り立っているという話ですね。まだ入社1ヶ月の新入社員にトラブルの仲裁を投げといて何を偉そうな、という気もするけどw

またあとがきを読むと、この小説は全然フィクションじゃなくて、壮絶な私小説であることが分かる。過去のトラウマによるフラッシュバックに苛まれながら、胃を痛めながら執筆しているらしい。そのことによって主人公が苦悩する描写が恐ろしいほどの生々しさになっているんでしょうね。現実の世界では仕事仲間が美少女じゃなくてオッサンだということを考えれば、それはもうこの世の地獄でしょうね。SEこわひ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/502-896be0a3

まとめtyaiました【なれる!SE 2 基礎から学ぶ?運用構築 / 夏海公司】

なれる!SE 2 (電撃文庫 な 12-7)(2010/10)夏海 公司商品詳細を見る
  • [2012/05/02]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。