スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白 / 湊かなえ 


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る

幼い愛娘を失った女性教師。その「犯人」とクラスメイト、家族。章が切り替わる毎に語り部が切り替わり、一連のストーリーを彼らのモノローグでつないでいく。

「衝撃的なラストに賛否両論!」みたいな前評判をネットや周囲の読書仲間から散々聞かされていたので、読む前の期待値は高く、その分、そんなに騒ぐほどのオチでもないのでは?という印象だった。こういった感じのミステリ(?)は好きだし、救いのない話も大好きだけど、そこに余韻のようなものがないと何も残らない。

プロットというか仕掛けはそれなりによく作ってあって、読んでいる間はそれなりに楽しめたが、なんというか、そこまで入り込むことはできなかった。事件そのものにはリアリティがあるものの、関係者たちの告白にリアリティを感じられなかったのかなあ。

文庫版巻末にある、映画版『告白』監督のインタビューが、むしろ面白かった。彼らが真実を話している保証なんかはどこにもないという前提で、登場人物達がわざと嘘を言ったり、本人すら気づかない嘘がまじっていることもあるわけです。深読みしようとすれば、いくらでもできましたと語っている。なるほど、モノローグ小説である以上、そういった読み方が面白いのかもしれない。普通の一人称の小説とはまた違うんですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/511-a3b1b433

まとめtyaiました【告白 / 湊かなえ】

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)(2010/04/08)湊 かなえ商品詳細を見る
  • [2012/06/28]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。