スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ / 三上延 


ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上 延

商品詳細を見る

相変わらず、現実の北鎌倉を舞台にした背景描写のリアリティと、こんな素敵古書店主と愉快な客たちなんて有り得ねーだろという非現実性が絶妙にマッチして、独特の世界観を練り上げています。

古書ネタ縛りの謎解きミステリシリーズなんてすぐにネタ切れになるんじゃないかと勝手に心配してたんですが、とてもとても奥深いのですね、古書の世界。あとがきによると著者もいろいろ調査や取材をして書いているようですが、あまりに奥深すぎて栞子さんレベルの古書マニアじゃないと謎を解きながら読むという楽しみ方はできないミステリですね。自然に、古書蘊蓄小説として読むことになる。古書店組合の古書交換会の話は、知らない本の世界を垣間見られて面白かった。

しかし今巻には中編3話が収められているものの、それぞれのお話自体の面白さには翳りが見えてきた気もする。新鮮さも薄れて期待が高まっている反動かもしれない。栞子母にまつわる伏線は撒かれたので、次巻に期待。



ところで。

『おとといは兎を見たわ。きのうは鹿、今日はあなた』

例によって某ゲームでこのフレーズを知った口ですがw、出典がSFだったとは知りませんでした。あまりに詩的でかわいい台詞ですね。栞子さんが教えてくれた粗筋を読んだだけで胸キュンですね。積ん読促進効果抜群のシリーズですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/516-a69450c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。