スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半島を出よ 

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る
半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る



登場人物紹介と参考文献に数十ページを割いてあり、1ページに1回改行があるだけの密度で上下巻合わせて1000ページが埋められてます。台詞は「」を使わずに地の文で書いてあるので、文字の密度的にも読む時のテンポ的にも微妙だった。

企業名とか国名が躊躇いなく出てくるのは気持ちいいけど、全体を通して言い回しや比喩がちぐはぐな印象を受けた。
(北朝鮮のシーンなのに“海外”という言葉が使われていたり、主語と述語が明らかにあっていない文章があったり)

プロットは壮大だけど、緻密とは言えないような。北朝鮮の作戦とかあまりに適当過ぎな気がしたし。
確固たる主人公が居なくて、各登場人物にキャラクターがないので、あまり感情移入もできなかった。
クライマックスの展開も、もう少し盛り上げてほしかったような。


期待が高かった分だけ肩すかしをくらった感じだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/58-09fa2bec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。