スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈子ども〉のための哲学 


<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス
(1996/05/20)
永井 均

商品詳細を見る


小学生や中学生の為の哲学入門というわけではない。

・なぜぼくは存在するのか
・なぜ悪いことをしてはいけないのか
という二つのことを主題に据えてあるけれど、その内容自体がメインなわけでもない。

先人の思想に迎合するような「哲学」ではなく、自分の純粋な<子ども>の問いに端を発する<哲学>をやろうよ。という話。
哲学したくなる。中二病でいいじゃないかと、ちょっと思えたw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/68-b134ed32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。