スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナ 


灼眼のシャナ (電撃文庫)灼眼のシャナ (電撃文庫)
(2002/11)
高橋 弥七郎

商品詳細を見る



「ゼロの使い魔」よりも少し舞台設定に比重がある点を除けば、その感想と以下同文w

この類の作品は、主に心理描写に関して稚拙で直接的に過ぎる表現が多すぎて目に付く。
もっと読者の語彙が増えるような綺麗な日本語表現(?)をしてくれれば、文章を読んでる感じがすると思うんだ。
でもラノベ読者はそれを求めてはいないのかも?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/74-78a12940

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。