スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪月花の数学 


雪月花の数学―日本の美と心に潜む正方形とルート2の秘密雪月花の数学―日本の美と心に潜む正方形とルート2の秘密
(2006/07)
桜井 進

商品詳細を見る



富士山の稜線は y=e^x だから美しい。
俳句の 5+7+5=17 も、短歌の 5+7+5+7+7=31 も、そこに表れる全ての数が素数になっている。
日本の生け花に見る 3:5:7 は素数や白銀比が、西洋のフラワーアレンジメントに見る 3:5:8 にはフィボナッチ数列や黄金比が表れる。

人が美しいと感じるものは、なぜ美しいのか。具体例を次々に挙げながら、(主に日本人の)美的感覚と数学の深遠な気配を感じさせてくれる。
単なるこじつけとか言わないようにw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/76-11b29b79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。