スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のなかの壊れていない部分 


僕のなかの壊れていない部分 (光文社文庫)僕のなかの壊れていない部分 (光文社文庫)
(2005/03/10)
白石 一文

商品詳細を見る


タイトルに釣られて。
某戯言遣いがそのまま大人になってしまったような、一見ニヒルな主人公が、生と死を考えながら日々を生きます。
そんな主人公に少なからずシンクロして憧憬のようなものを感じてしまうのは、紛う事なき中二病の証ですね。
あと、或る設定から、やたらいろんな作家(思想家?)の文章を引用してる。
嵌る人はずっぽり嵌るし、読めない人は全く読めないだろうと思われます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/82-62d3402b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。