スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流山ぐりーんバスの文庫コーナー 

免許更新に行くのに、流山ぐりーんバスに乗った。

車体も小さく定員も少なく、1時間に一本しか出ていないようなのんびりバスだった。そのバスの中に文庫コーナーが設けてあり、10冊くらいの本がカゴに入れてあった。

乗車時間も短く、揺れも激しく、車内も狭い。そんなバスの中で文庫かよという微妙な気持ちになったけど、面白い取り組みだとは思った。こういうのは、誰が、どういう経緯で、どんな理念で始める事業なんだろうか。

ちなみに、置いてある本自体は寄付されたものらしく、ラインナップは、イソップ童話・赤川次郎・ムシキングずかんなど様々なジャンルが揃っていた。

流山ぐりーんばす
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damest.blog12.fc2.com/tb.php/86-dc72e5f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。